GREETING

学校長挨拶

日ノ本学園高等学校ホームページへようこそ

中川守

校長 中川 守

みなさま、日ノ本学園高等学校のホームページにアクセスしていただき誠にありがとうございます。
本校は、昨年学園創立125年を盛大に祝っていただきました。
改めまして厚く御礼申し上げます。


さて、今年度は『単位制』を導入して2年目を迎えます。
生徒一人一人の興味・関心に応じた科目や授業を、
学年・年次やクラスの枠を越えて多く配当しました。

興味・関心のある科目を中心に学習することで社会に通じる幅広い教養と知識、
そして専門的で高度な技術を早い段階で身につけることができます。
個々の個性・適性に応じた進路実現の準備が早い時期からなされ、
一人でも多くの夢が実現されることに期待を寄せています。

また、ケガや入院、欠席過多による出席時間数不足や学習評価の低下が学年進級の大きな壁となっていましたが、
単位制にはその制限を大きく緩和し、ゆとりを感じながら学習に取り組める利点があります。
つまずきや少々の失敗が挽回できるシステムに守られ、個性と能力を伸ばしながら、
もっと伸び伸びとした学校生活を送って欲しいと教職員一同、心から願っています。

そして、小・中学校時代に不登校傾向にあった生徒への支援として、特化した
『フリーアカデミー(FA)』コース(以下FAコースと称)も昨年度から新設しました。

高校の段階で無理なくコミュニケーション能力を伸ばし、社会で存分に活躍できるよう支援したいと考えました。
校舎や教室、昇降口の一般棟からの分離独立、そして2校時からの始業もFAコースで学ぶ生徒には好評です。
同時にICT教育推進の一環として、生徒と教師全員が一人一台のタブレットを自己用として持つようにしました。
その中に組み入れている教育学習ソフトを活用して、個々の能力と適性に合わせたプログラムが作成可能となり、
各自が振り返り学習や基礎基本の学習、発展的な学習に積極的に取り組んでいます。
FAコースで学ぶ生徒、部活動で勉強との両立させている生徒に強い味方となっています。


また、地域や県レベルでは他の追随を許さない全国トップレベルにいる女子サッカー部、
昨年兵庫県高校の主要大会を総なめにしたバレーボール部や全国大会常連の新体操部は学校の誇りです。
他の強化クラブの部員もハードな練習に取り組みながら上位大学を目指しています。
その姿は、文武両道を目指す学校全体を元気づけてくれています。

昨今、少子化や公立高校の「拡き門」問題が今後ますます続く状況は、私学にとって逆境と言える事態ですが、
「私学ならでは、私学だからできる、日ノ本だからできる」というものに教職員が一丸となって、
キリスト教の教えを大切にして取り組む所存です。
どうか、今後とも何かとご支援ご協力の程、お願い申し上げます。