ARTICLES ARCHIVE

陸上競技部

2021.8.12全国インターハイ入賞!陸上競技

全国インターハイ陸上競技 女子ハンマー投で8位入賞!

(結果)

押部唯愛(2年:別府中学校出身) ハンマー投 8位

起塚幸香(3年:赤穂中学校出身) やり投 予選敗退

 

7/28~8/1にかけて第74回全国高等学校陸上競技対校選手権大会が福井県の9.98スタジアムで開催されました。本校から起塚幸香がやり投に、押部唯愛がハンマー投に出場しました。

初日のハンマー投。押部は滑りにくいといわれるサークルに対応するために練習を重ね、3投目に自己ベストを更新する47m45をマークして8位に入賞しました。特に技術と経験が必要とされるこの種目において、2年生で唯一の入賞者となりました。

4日目のやり投に出場した起塚は本来の実力が出せず、予選敗退となりました。しかし、昨年この大会が開催されずに悔しい1年を過ごしましたが、今年はこのようなかたちで開催されたことに感謝の気持ちをもって会場を後にしました。

        

 

 

2021.8.3陸上競技 2種目で全国インターハイ出場!

第74回全国高等学校陸上競技対校選手権大会近畿地区予選会(6/17~20 ユニバー記念競技場)

<押部唯愛が自己ベストを更新して出場権獲得!>

女子ハンマー投は実力伯仲のなか、4位までが全国IHの切符をつかめる。このなか、出場者ランキング6位の押部唯愛(2年:別府中学校出身)は3投目に46m59の記録をマーク。技術力が必要とされるこの種目で2年生ながら堂々4位に食い込み、全国IHの出場権を獲得した。

<起塚幸香が6投目に大逆転で出場権を獲得!>

女子やり投は天候不良のなか、全体的に記録が低調で誰が勝ってもおかしくない試合展開となった。1投目に38m45を記録した起塚幸香(3年:穂中学校出身)は5位でトップ8に入り、4投目以降の試技へ進む。しかしその後は記録が伸び、5投目に6位に落ちた後の最終の6投目。ここで8位の選手が大きく記録を伸ばして起塚は7位と全国IH出場圏外へと後退。後がなくなった最終投てき。渾身の力と気持ちを込めた6投目は40mラインを越え、41m81を記録。順位を大きく上げて2位に入賞し、初の全国IH出場を決めた。

2020.8.311年円盤投で優勝!2年やり投げでも2位

(1年の部)

押部 唯愛(別府中学校出身)

円盤投  34m30 優勝

砲丸投  10m33 3位

四辻 七海(山崎東中学校出身)

やり投げ 30M97 6位

 

(2年の部)

起塚 幸香(赤穂中学校出身)

やり投げ 37M83 2位

村角 琉那(松陽中学校出身)

円盤投  28M39 4位

応援ありがとうございました。

 

押部は砲丸投・円盤投で、起塚はやり投げで近畿ユース大会に出場します。

2019.10.3近畿大会、西播大会で活躍!

第52回近畿高校ユース対校選手権大会・第54回西播高校ジュニア対校選手権大会

 

〇近畿ユース 9/13〜9/15(紀三井寺)

 起塚 幸香(赤穂中) 1年やり投 6位

 

〇西播ジュニア 9/28〜9/29(ウインク)

 女子総合6位 フィールド総合2位

 玉井 愛美(東光中) 円盤投 2位

            ハンマー投 3位

            砲丸投 4位

 起塚 幸香(赤穂中) やり投 1位

            砲丸投 6位

 村角 琉那(松陽中) 円盤投 3位

 

2019.9.2近畿ユース選手権出場権獲得

第70回兵庫県高等学校ユース陸上競技対校選手権大会

 

(1年)

起塚 幸香(赤穂中)やり投 2位 近畿ユース出場

村角 流那(松陽中)円盤投 8位

(2年)

米山 栄香(市川中)ハンマー投 4位

玉井 愛美(東光中)円盤投   8位

 

姫路市民大会では女子総合2位となりました!

2018.11.21陸上競技部の結果

★ 兵庫県ユース1年ハンマー投2位 近畿ユース1年ハンマー投4位 ★

第70回兵庫県高等学校ユース陸上競技対抗選手権大会(ユニバー記念競技場)

 

【1年ハンマー投】

  米山 栄香(市川中) 2位 38m91

 

【1年砲丸投】

  米山 栄香     6位 9m08

  玉井 愛美(東光中) 8位 8m74

 

【1年円盤投】

  玉井 愛美     6位 30m23

 

 

第51回近畿高等学校ユース陸上競技対抗選手権大会(奈良市鴻ノ池競技場)

 

【1年ハンマー投】

  米山 栄香     4位 34m67

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016.8.25やり投げ2位!近畿大会へ!

★ 第68回兵庫県高等学校ユース陸上競技対校選手権大会(ユニバー記念競技場) ★

 8/20~22日の猛暑が続く3日間、熱い戦いがくりひろげられました。この大会で各種目3位以内に入ると近畿ユース選手権の出場権が獲得できる大会で、本校の岩﨑文香(2年・善防中)が2年やり投げで自己記録を更新する42m30で2位に入賞しました。

 1投目は失敗して30m程の記録。しかし2投目に40m前後と大きく記録を伸ばすと、3投目にタイミングがしっかりと合った投てきを見せ42m30とこの日最高の記録となった。

 あと70cmで日本ユースの標準記録を突破できるので近畿ユースでは上位入賞と記録更新を目指して頑張ります。

陸上県IH_縮小

2016.6.6やり投で近畿IH出場!

 

2016.5.9県総体出場権 獲得!!

★ 第69回兵庫県高等学校陸上競技対校選手権大会 ユニバー記念競技場 ★

 岩﨑文香(善防中出身 2年)

 

  やり投 4位 記録39m47

 

 近畿インターハイ出場権獲得!

 

 

 

 ランキング9位で臨んだ今大会、決勝の2投目に自己記録を大きく上回る39m47の投てきを見せ、4位に入賞し、6位以内に与えられる近畿大会出場権を獲得しました。

 

 

 

 

 

陸上県IH_縮小

★ 西播高校陸上競技対校選手権 ウインク陸上競技場 ★

 5/7~8にかけて、ウインク(姫路)競技場で県高校総体(インターハイ)の出場権をかけて、西播高校陸上競技対校選手権大会が開催されました。

 本校の岩﨑文香(善防中出身 2年)がやり投に出場。

 

 3投目まで2位につけトップ8に入り、4投目以降の試技に入る。

 最終投てきの6投目に入り、他の選手に逆転されるも、最後に自己記録を上回る36m18の記録で2位の座を守り、県総体の出場権を獲得した。

 

 「県大会では挑戦者なので失敗を恐れず、自分の力を発揮して8位以内に入りたい。」と意欲を語ってくれました。

16陸上岩崎_縮小

2015.7.12第83回兵庫陸上競技選手権

 

★ 第83回近畿陸上選手権 出場権獲得 ★

 

 池田莉奈(3年:神吉中出身)が、三段跳に出場。11m13のシーズンベストで

近畿選手権大会の出場権を獲得しました。

 今後の試合で、全国高校選抜大会や日本ジュニア選手権大会の標準記録を

目指して頑張ります。